着手金無料の条件

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

弁護士に債権回収の依頼をする時、着手金は絶対に必要とは限りません。中には着手金無料で引き受けてくれる弁護士もいます。ただしこれには理由があって、無条件に着手金無料としているわけではありません。

着手金が無料になる条件は弁護士や弁護士事務所による違いがあります。着手金を無料にする代わりに、回収した債権からの成功報酬を少し多めに設定することで、結果的に後から着手金をもらうのと同じになるというケースは多いです。着手金が支払えなくても、回収した債権から支払うので、依頼時に経済的な余裕がない場合は、後で精算すればいいから気は楽です。ただし、着手金が完全無料というわけではないので、仕組みをよく理解した上で依頼するようにします。

債権回収を依頼するのが企業だった場合、依頼する弁護士と顧問契約を結ぶことを条件にして、着手金無料にしているところもあります。これは債権回収を依頼した企業の顧問弁護士になることで、弁護士にはその後も月間顧問料が支払われるので弁護士にもメリットがあるからです。もちろん企業側も顧問弁護士がいれば、何かあった時対応してくれるので、安心感はあります。ただしこの場合は、依頼者が企業と限定されますので、個人の場合はこの限りではありません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket