債権回収の着手金

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

一般的には弁護士に債権回収の依頼をする場合、着手金が必要です。着手金がいくらになるかは弁護士や弁護士事務所による違いはあるため、一律ではありませんが、だいたい相場は決まっています。相場内でも数十万円は必要になるため、無料相談の時に着手金についても質問しておくと安心です。

着手金は依頼料として考えますので、着手金を支払わないと弁護士は動いてくれません。ただしどのように債権回収するか、その方法によっても着手金の金額は変わってきます。例えば裁判を起こすような場合は、手続きにも時間と手間がかかりますので、着手金も高くなります。しかし内容証明や支払い督促状を送る程度なら、書類を作成して相手に送るだけとなるため、着手金も少し安くなります。

他にも着手金は貰わず、債権回収が出来た時、その金額に応じて成功報酬だけを支払うというプランもあるので、着手金が支払えない時は、プランの相談をすれば大抵は応じてもらえます。ただし債権額が大きくなると、債権額の何%を成功報酬とするので、高くなるほど弁護士に支払う額も増えることになります。債権回収に必要な実費は着手金に含まれている場合もありますが、別途実費として請求されることもあります。

実費というのは、移動にかかる交通費や、書類を作成し郵送する時の郵送料です。債権回収の場合は普通の封筒に入れてポストに投函するのではなく、内容証明郵便として送るため費用がかかってしまいます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket