着手金の種類

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

着手金といっても、債権回収方法はいくつかあるので、回収法方によって金額が変わってきます。ただしこれについても、弁護士や弁護士事務所によって、設定金額は異なりますので詳細は事前に確認しておきましょう。

着手金が必要となる弁護士の仕事は、内容証明書、支払い督促、強制執行、調停や交渉、訴訟の5種類ほどあります。弁護士が行う業務によって、着手金がかわるので、書類を作成し送るだけの場合は、着手金もそれほど高くなりません。しかし弁護士の業務が複雑になるほど、着手金も高くなる傾向があります。

例えば内容証明や支払い督促くらいなら、着手金は1万円から5万円前後です。しかし調停や訴訟となれば裁判所に出向きますし、用意する書類や資料も多くなるため、着手金の中でも10万円から30万円前後となります。ただしこれはあくまでも相場ですから、これよりも安い金額に設定しているところもあります。

弁護士によっては、着手金を債権回収金額によって決めることもあります。これもいくつか金額設定があり、いくらまでならいくら、というようにあらかじめ決まっているので、この場合は着手金も明確で分かりやすいです。これは弁護士による違いが大きいので、各自で確認が必要です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket